メンテナンスや快適化工事で長寿命住宅へ


 屋根は家屋の一番高い所で常日頃、雨や風・紫外線から建物を守る厳しい環境にあります。

 そのため老朽化が進みやすく、傷んだまま放置すると雨漏りの原因になります。

 定期的なメンテナンスを行う事で安価で安心な屋根に出来ますのでご検討ください。

 

 ここでは屋根で傷みやすい箇所のメンテナンス工事のご紹介や

 ちょっとした屋根のリフォーム(快適化工事)で長寿命になる当社のお勧めをご紹介致します。

■漆喰工事■


■漆喰工事の必要性■

以前は棟の土台に荒木田土と言う粘土を使用していました。

荒木田土は年数が経つと劣化が進行しボロボロ・サラサラと崩れてしまいます。

漆喰はその荒木田土に上塗りし風雨から保護する役割を担っています。

その為、漆喰が崩れたり割れたりしているのを放置すると内部の荒木田土の劣化が進んでしまいます。

そうなる前に定期的に漆喰工事を行い、棟を守ってあげる事が屋根を長持ちさせる秘訣かと思います。

 

■棟の取り直し工事との関連性■

現在は撥水なんばんのみで棟を施工しているので基本的に漆喰工事は必要ないと考えています。

棟の取り直し工事を行うと短い周期の漆喰工事から解放されますので選択するのも良いかと思います。

 

■漆喰や棟取り直しのメンテナンス時期■

漆喰工事は10~15年を目安にし、定期的に割れや崩れ等を確認・把握する必要あり。

震災以降の新築や棟の取り直し工事後は30~35年を目安に状態を把握する必要あり。

状態を把握するため2~3年、遅くても5年毎には屋根診断を受診してください。

 

■漆喰工事の流れ■

1.古漆喰の撤去

当社の漆喰工事は必ず既存の古い漆喰を撤去する事から始まります。

稀に古い漆喰の上から新規に漆喰を塗る業者がいますが、雨漏りや漆喰の劣化に繋がる場合が多いです。

棟の幅に対して適正な厚さで漆喰を塗ることが大切となります。

 

2.下地処理

下地処理は漆喰工事で大切な作業となります。

荒木田土の場合劣化でボロボロの場合が多いので可能な限り清掃します。

その後、接着増強剤を噴霧して荒木田土表面を固めると漆喰の接着力増加や塗りやすくなります。

 

3.新規漆喰塗り込み

漆喰は当社の長年の作業で選ばれた粉漆喰をベースに水と接着増強剤、冬季は不凍液を混入し

強固で塗りやすい漆喰を作り塗り込んでいきます。この際塗り忘れには十分注意して作業しています。

 

4.瓦清掃

漆喰作業でどうしても漆喰で汚れたり、はみ出たりしてしまいます。

ここは放置しないでしっかり清掃していきます。汚れは拭き取り、

はみ出た漆喰や古漆喰の跡は可能な限り削り取っていきます。

これらを1枚ずつ行う事で最終チェックにもなりますし欠かさず行っております。

 

 

 

■谷板金工事■


屋根の形状でどうしても谷板金と言われる雨が流れる板金材が入る場所がある場合があります。

谷板金は2つ以上の屋根の雨水を集水し、雨樋に流す役目を担っています。

 

谷板金は以前は銅製を使用するのが通常でしたが酸性雨や瓦の釉薬に使われた鉛が原因と言われ

現在は耐性のあるガルバニウム鋼鈑製や更に耐久性のあるカラーステンレス製が主流となっています。

 ※現在は瓦の釉薬は鉛レスとなっています。

 

谷板金が劣化し穴が開くと各屋根の修水を兼ねているので水量が多く雨漏りの原因となります。

異常を感じたら早めの処置をする事を強くお奨めします。

 

■谷板金工事の流れ■

1.古谷板金材撤去

 谷板金周辺の勝手瓦を一時撤去し、既存の谷板金を取り外します。

 

2.下地改修確認

 隅々まで確認し下地に異常がある場合は下地を改修します。

 雨漏りが発生している場合は工事が必要なことが多いです。

 

3.下地改修

 下地材(ルーフィング)が痛んでいる場合は新規にルーフィングを敷きます。

 ルーフィング下の野地板等が損傷している場合は交換します。

 

4.新規谷板金取り付け

 下地改修後に新規谷板金を取り付けます。
 谷板金の幅調整に桟木等を使用する場合があります。

 雨といとの取り合いはスムーズに流れる様にカット等加工をして取り付けます。

 

5.副資材・勝手瓦取付け

 谷板金内に谷シーラーと言われる止水材を取り付け、水量が多い時の越水防止となります。

 谷シーラーを取り付ける事で雨漏りから守られる場合があるので必ず取り付けています。

 その後一時撤去した勝手瓦を戻していきますが、カットの塩梅が悪かったり小さかったりした際は

 新規の瓦等を再カットして収めていきます。

 また勝手瓦はSUSビスやSUS釘、SUS線で緊結し場合によっては接着も併用して強固に取り付けます。

 

6.瓦清掃・谷清掃・最終チェック

 瓦や谷板金内を清掃し、最終チェックをして完工報告となります。 

 

 

 

■雨とい清掃・修理・交換■


雨とい工事や清掃も当社にお任せください。

雨とい工事は高所作業で危険を伴いますので当社にお任せください。

清掃や一部修理、全交換まで承っています。屋根工事の際に同時に行えば足場代の節約になります。

 

■雨とい・屋根清掃■

土や落ち葉が溜まりやすい立地の場合、大量のゴミが雨といに溜まってしまい

流れ落ちた雨を堰き止めてしまい、雨といの効果を発揮せず思わぬ雨もりとなる事があります。

屋根点検を兼ねた定期的な清掃をお奨め致します。

 屋根清掃した際に出た落ち葉や土等ゴミの処分、清掃は別途となります。

家屋の大きさや階数により作業日数が変わってきますので現地調査後に正確な見積もりとなります。

 

 ■雨とい工事■

部分修理・全交換工事等承っております。

当社では基本的に使用した部材価格に作業代・諸費用をプラスしての請求となります。

全交換工事は足場の設置が必要なる場合が多いので別途見積りとなります。

屋根工事の際に一緒に雨とい工事をする事で足場代を有効に使用する事が出来るかと思います。

 

 

■雪止工事■


冬に積雪し溶けた雪が雨といを押してしまいズレたり壊してしまったり

玄関前に落雪した雪で玄関が開かない・歩きづらくなってしまったり

落雪で隣家の車やカーポート壊してしまったり…。そんな悩みを解決するのが雪止め工事です。

 

雪止には既存の瓦と交換する瓦タイプ、既存の瓦に後付けする金具タイプの2種類があります。 

瓦タイプは見た目がスッキリしていて金具タイプより雪止め部分が大きいので効果が高いです。

金具タイプは既存の瓦に取り付けるので廃材が出ないメリットがありますが

風で瓦と接触しカタカタと音が出る場合がありますが当社では防音施工をしています。

 

瓦タイプは和型瓦用、平板瓦用、S型瓦用となり、

カラーベスト(コロニアル)用は金具タイプのみとなります。

共に先付け・後付けタイプがありますがありますので新築や葺き替えリフォームの際は先付けで、

雪止のみを後から取り付ける場合は後付けの金具タイプがお勧めとなります。

 

 

■換気棟の取り付け■


現在の住宅は高気密のため、昔より家の中が蒸れる様になったと感じます。

安心安全な長期優良住宅にする為には家をしっかり「呼吸」させる事が効果的です。

瓦は防水に配慮しながらも重ね部分から空気が出入りする隙間があります。

棟換気は小屋裏から排出した空気を瓦の隙間から排出する効果があります。

小屋裏(屋根裏)の資材の劣化を遅らせたり、瓦下地の寿命も向上につながります。

当社では暴風雨時でも雨漏りの心配をする事無く効率的に換気が出来る商品を選択しています。

 

■木製外壁・トタン屋根塗装■


数は少ないですが木製の外壁やトタン屋根の塗装も承っています。

サイディング等の外壁の場合は協力会社を紹介致しておりますのでご相談ください。

 

■木製外壁塗装■

古い塗料をケレン作業で落とし、養生をしてから塗っていきます。

木材の場合は木に浸み込む防腐・防カビ・防虫効果のある油性の木材保護塗料を塗ることが多いです。

費用を安く抑えたい場合は防腐剤(油性)のみ塗る事もあります(色指定不可)

木材の状態を見て複数回塗っていきます。

 

■トタン屋根塗装■

サビを可能な限りケレン作業で落とし、可能な場合は高圧洗浄して汚れを落として行きます。

その後サビの上から塗れる油性の高耐久アクリルトタン用塗料を塗っていきます。

特殊強力防錆材と特殊アクリル樹脂で対候性が良く、基本1回塗りで大丈夫です(2度塗りも可)

■太陽光温水器・TVアンテナ撤去■


屋根に使用していない太陽光温水器やTVアンテナはありませんか?

使用していない温水器を撤去する事により屋根の軽量化となったり、

古くなった温水器やTVアンテナは強風時や地震で屋根材を痛める心配があります。

どちらも高所作業なので当社にご相談ください。処分も別途承っております。

 

■太陽光温水器の撤去■

屋根との接続部、風呂への接続ホースを取り外し解体しながら(軽い場合はそのまま)下に下ろします。

保温性の高い魔法瓶構造の温水器の場合はかなりの重量物なのでレッカークレーンを使用します。

※レッカークレーン代は別途となります。

 

処分を依頼される場合は別途費用が掛かりますのでご相談ください。

温水器下の屋根材に損傷があり交換する場合や清掃を依頼される場合は別途請求致します。

 

■TVアンテナの撤去■

壁等に繋がっている不必要になった線を切断しアンテナ本体を撤去します。

アンテナの数や種類、設置方法等で処分費用が変わりますので見積りをお勧め致します。